【2020年】宮城県高校入試情報館【令和2年度】

宮城県の公立高校の入試制度や各学校の特徴、私立高校も含めたオープンキャンパスの日程などの情報をお伝えします。

令和2年度宮城県公立高校入試から入試制度が変わります!

令和2年度宮城県公立高校入試(令和2年3月4日実施)から入試制度が大幅に変わります。

①前期選抜と後期選抜の一本化

今までは前期選抜(1月下旬から2月上旬)と後期選抜(3月上旬)の2回実施していましたが、

新制度は3月上旬に第一次募集として一本化されます。

②共通選抜と特色選抜

第一次募集では、共通選抜特色選抜の2通りの選抜方法で合否を判定します。



共通選抜とは...
学力検査点と調査書点の相関図を基に、その両方の満点から近い者を上位者として、上位の者から審査し、選抜します。

学力検査点(500点満点)
  5教科の学力検査点(各教科100点満点)の合計点
調査書点(195点満点)
  5教科(国、数、社、英、理)については、3年間の評定の合計
  4教科(音、美、保体、技家)については、3年間の評定の合計 × 2倍
    つまり...全教科の評定が5の場合

  国語 数学 社会 英語 理科 音楽 美術 保体 技家 合計
中学1年 5×2 5×2 5×2 5×2 65
中学2年 5×2 5×2 5×2 5×2 65
中学3年 5×2 5×2 5×2 5×2 65
                              各学年65点満点 × 3年間 = 195満点

一括資料請求でピッタリの家庭教師が見つかる

特色選抜とは...
特色選抜では、学力検査点、調査書点、調査書点及び面接、実技、作文の得点を合計し、その合計点に、調査書の記載事項も用いて総合的に審査し、選抜します。審査対象者は、特色選抜の募集人数の120%から最大200%までの間で、各高校が定めます。

学力検査点
  5教科の学力検査の得点を、各高校が教科ごとに定めた換算率によって算出し、合計したものとなります。※換算率は0.25倍〜2.0倍です。
調査書点
  各教科・各学年の評定を、各高校が定めた換算率によって算出します。算出した値は、5教科(国、数、社、英、理)についてはそのまま合計し、4教科(音、美、保体、技家)については、2倍して合計します。※換算率は0.25倍から2.0倍です。※不登校生徒等を積極的に受け入れる学校では、換算率が0.25倍未満の場合があります。
面接・実技・作文
  面接、実技、作文の配点については、各高校が定めます。

オンライン家庭教師/個別指導 Axisオンライン
第一次募集の合否判定

共通選抜と特色選抜の2通りの選抜方法で合否を判定します。
最初にどちらかの選抜方法で合否判定を行い,その後,最初の選抜方法で合格圏内に入らなかった受験生を対象に,もう一方の選抜方法で合否判定を行います。※受験生が共通選抜か特色選抜かを選ぶ必要はありません。
共通選抜と特色選抜の選抜順序については,各高校が定めます。


オンライン家庭講師「家庭ネット」


共通選抜特色選抜も、中学1年生からの成績がとても重要なんです!